記事監修とは? 特徴や依頼方法、費用相場など徹底解説

記事監修とは?の説明 記事監修

記事監修とはどのようなものなのでしょうか?ここでは記事監修の仕組みや特徴、依頼方法や費用の相場、記事監修をするメリットについて紹介します。

みんなの記事監修では様々な専門家に記事監修を依頼することができます。記事内容の保証や信頼性を持たせたいとお考えの場合はご利用ください。

\専門家への監修依頼なら/

記事監修とは? 特徴や仕組み

記事監修とは?の説明

記事監修についてのポイントは全部で6つです。

記事に監修者を付けることで保証や信頼性が得られる

記事監修とは記事に専門家の監修を付けることで、記事の保証や信頼性を持たせることを言います。法律関係など専門的な内容の記事を書く際に、専門家に記事を確認してもらうことで記事内容の正確性が保証されるのです。

また、専門家情報を掲載することで読者に安心感を与え、記事やWEBサイトの信頼性や価値の上昇にも繋がります。

記事監修の種類

記事監修は大きく分けて2つの種類があります。

  • 記事の執筆も含めて専門家に依頼する方法
  • WEBサイト運営者やライターが記事を書き、その内容を専門家に確認してもらう方法

どちらもメリット、デメリットがあるので紹介します。

記事の執筆も含めて専門家に依頼する方法

記事の執筆から監修まで専門家に依頼すると時間がかかり費用も高くなる。

記事の執筆も含めて専門家に依頼するれば、難しい専門的な内容もこちらで調べる必要がなく記事を作成することができます。執筆からまるごと依頼できると、記事が完全に正しい状態で提出されますし安心ですね。

ただ、専門家が執筆すると本業の傍らでの作業となるため納期に時間がかかる場合が多く、執筆の依頼料も通常のライターに依頼するよりも高い金額での執筆依頼となります。

また、専門家が記事の執筆になれていないと理解しにくい記事で提出されることがあり、その後の修正も勝手に出来ない点が心配な部分です。

WEBサイト運営者側で記事を用意して内容を専門家に確認してもらう方法

ライターに記事を執筆してもらい記事の内容を専門家に確認してもらうのは納期が早く費用が安い

WEBサイト運営者側でライターを依頼する等の方法で記事を書き専門家に確認してもらう方法は、費用は安価に抑えることができ、専門家は記事のチェックだけなので納期も早いです。

自分の記事内容に不足している箇所や間違っている箇所があっても指摘してくれるので記事の正確性や信頼性も得られます。

ただ、専門的な内容を自分で調べなければいけないので、ネット情報だけでは情報が間違っていたり、情報が古い可能性もあり、書籍を読んで調べないといけないなどかなりの時間や手間がかかってしまうのがデメリットです。

>目次に戻る

記事監修をするメリット

記事監修のメリットの説明。保証、信頼性、EAT/SEO効果

記事の監修を入れることで、このようなメリットがあります。

  • 記事内容が正しいものと保証される
  • 専門家監修の情報を掲載することで、ユーザーに信頼性が生まれる
  • 記事の離脱率が減り、滞在時間が長くなることで、SEO効果が期待できる
  • 専門家サイトからの被リンクができ、SEO効果がある ※当サイト独自サービス
  • 専門家からの被リンクが出ることで、Googleから記事に対する信頼性がアップする ※E-A-T評価アップ

記事内容が正しいものと保証される

専門家でない場合は、法律や税金、医療などの専門的な知識が不足している人も多く、ネット情報を調べながら記事を執筆しても、情報が間違っていたり、古い情報を発信してしまうことがあります。

専門的な情報はネットでは調べることができないことが多いため、専門家に監修を依頼し正しい情報を掲載することができという点は大きなメリットとです。

専門家監修の情報を掲載することでユーザーに信頼性が生まれる

専門家に監修してもらい、「専門家に監修してもらっている記事」ということをアピールすることで、読者に信頼してもらえる可能性が高くなります。

どこの誰が書いたか分からない記事よりも、その分野の専門家に監修されている方が、読者にとって信頼感が出ます。

記事の離脱率が減り滞在時間が長くなることでSEO効果が期待できる

専門家の監修を入れて記事が信用されることにより、読者が最後まで記事を読んでくれる可能性が高くなります。そうすると記事の「離脱率」が下がり、「滞在時間」が長くなることで、SEOの評価としても高くなります。

SEOの評価が高くなることで、検索エンジンの順位が上がり、今まで以上にネットでの集客が可能になります。

専門家サイトからのリンクによるSEO効果が期待できる

当サイト(みんなの記事監修)では記事監修を依頼して頂いた場合、専門家のウェブサイトから監修記事としてご依頼のあった記事にリンク設置を行っています。

専門家の事務所名や名前だけでなく、実際に専門家サイトからリンクを送ることにより、記事の評価が高くなるといったSEO効果が期待できます。

Googleから記事に対する信頼性がアップする

専門家から依頼記事へのリンクは、SEOとしての効果だけでなく、今必要とされている新しいアルゴリズムE-A-T(専門性、権威性、信頼性)がアップします。

監修者情報を掲載して、さらに専門家サイトからリンクを送ることにより、検索エンジンからは「この専門家が記事を書いている」という認識がされ、権威性が加わります。

さらに依頼ページと専門家サイトがリンクによって紐づけされることにより、情報の信頼性が生まれ、評価が非常に高い記事となります。

このように今のGoogleSEOを考えると、専門的な情報は記事監修が非常におすすめで、簡単に権威性、信頼性を加えることができます。1記事から依頼が可能なので、記事監修をするのは大きなメリットを生むでしょう。

>目次に戻る

記事監修を依頼する方法

記事監修の依頼する方法について

記事監修を依頼する方法は大きく分けて2つあります。

  • 記事監修サービスに申込む
  • 直接、専門家を探して交渉する方法

みんなの記事監修(当サイト)のような記事監修サービスを使う方が便利ですが、費用を抑えるには直接交渉して探す方法もあります。

記事監修サービスに申込む(おすすめ)

みんなの記事監修

みんなの記事監修のように、記事監修サービスに申込む方法は、とても簡単でスピーディーに仕事が簡潔するので便利です。

監修する専門家も記事監修に慣れているため、素早く簡潔に仕事をこなしてくれます。

また、監修をお願いする専門家を選ぶことができるので、複数の監修者に依頼したい場合は監修サービスを使うのが良いでしょう。

直接、専門家を探して交渉する方法

直接、専門家を探して交渉する方法もあります。こちらの方が、支払う費用も安いですし、直接話ができるため細かい依頼も可能となります。

専門家の中には記事監修や記事の執筆をホームページで募集している方もいらっしゃいます。そういった方を探してお願いするのが良いでしょう。

また、サイト全体の監修など、監修をお願いする記事数が多い場合はおすすめです。ただ、専門家を探して交渉するのは手間がかかり、このようなネットサービスに積極的な人しか相手にしてくれない可能性があります。

士業関係はお堅い仕事ですし、十分な顧客がついている専門家は、特にネットを通じての販路を広げる意識なない人も多いです。

また、「責任がとれないから受けたくない」「労力に見合わない」「取引が少なく信頼がおけないため引き受けない」などの理由で監修を断られることも多いです。

もしいつもお願いしている税理士や士業の方がいれば、お願いしてみるので1つの方法だと思います。

記事監修を依頼するときのメール文例

直接専門家に依頼する場合のメールの例文です。

タイトル:記事監修のお願い

〇〇事務所
〇〇様

突然のご連絡失礼いたします。
〇〇〇〇株式会社の〇〇と申します。

記事の監修をしてくださる専門家を探しており、ご連絡いたしました。

弊社が運営する(サイト名とURL)の「記事名とURL」こちらの記事を監修して頂けないでしょうか。

報酬は、1記事〇〇円です。

記事執筆ではありませんので、お時間は取らせません。
もし記事の内容で訂正した方がよい箇所等がありましたらご教授して頂けると幸いです。

監修が可能でしたら、こちらのメールにご返信ください。

何卒よろしくお願いいたします。

────────────────────
株式会社〇〇〇〇〇
担当:〇〇
〒000-0000 〇〇〇〇〇〇〇〇
Email: info@〇〇〇〇.com
URL: https://〇〇〇〇〇〇〇〇.com/
────────────────────

初めて連絡する場合はこちらがどういった者なのかをはっきり伝えるようにしましょう。素性がよくわからないと相手にも不信感をあたえてしまいます。失礼のないように依頼しましょう。

>目次に戻る

記事監修の費用の相場は?

記事監修費用の相場は依頼方法やどのような専門家に依頼するかで変わりますが、概ね1万円から5万円が相場です。

専門家監修費用の相場(1記事)
弁護士や医師など30,000円〜50,000円
税理士や司法書士など15,000円〜50,000円
資格を要さない専門家など10,000円〜30,000円

これは記事監修サービスを利用するか、自分で専門家に直接依頼するかでも変わりますし、弁護士依頼するのか税理士に依頼するのかなど専門家によっても変わります。

ご自身で監修をしてくれる専門家を探して直接依頼する場合は、記事監修サービスを利用するより安くなる場合が多いです。しかし、監修してくれる専門家を探す手間がかかりますし、見ず知らずのサイト運営者からの依頼は断られる可能性もあります。

記事監修サービスの場合はかかる費用は多少高くなりますが、監修が依頼できる専門家が多数在籍していますので選定に時間がかかりません。また、監修も手際よく行ってくれるというメリットもあります。

各専門家の料金の違いなどは、当サイトの料金ページを参考にして頂ければと思います。

>みんなの記事監修の料金ページ

>目次に戻る

記事監修の依頼の流れ

記事監修の流れの説明

記事監修を依頼した場合の流れについて、当サービスを例に紹介して行きます。

依頼したいページと、お願いする専門家を選択する

記事監修の申込みフォーム

まずは申込フォームから「依頼したいページURLもしくは記事のファイル」と「監修依頼をしたい専門家」を選択します。

その専門家が専門外の場合は、別の専門家に依頼する場合もございます。

費用のお支払い

費用の支払いをして頂きます。支払いが完了したら、記事の監修を開始させて頂きます。

専門家が記事内容を確認して連絡

専門家が依頼ページの内容を確認します。

もし修正箇所があれば、その箇所を修正して頂くようにご連絡致します。

当サービスでは記事の修正代行は行っておりませんが、部分的な修正であれば、修正依頼やアドバイスをさせて頂きます。

専門家情報の掲載

専門家情報の掲載例
専門家情報の掲載例

記事内容に問題がなければ、専門家情報と写真をお送り致しますので、専門家の情報を掲載頂き専門家サイトへのリンクを貼って頂きます。依頼頂いたページに掲載をしたら、ご連絡を頂きます。

みんなの記事監修では簡単に監修者情報を掲載できるようにHTMLコードや画像もご用意しております。

専門家サイトから、依頼ページにリンク

最後に、専門家サイトから、依頼ページに「監修した記事」としてリンクを貼らせて頂きます。そうすることでSEOとしての効果もありますし、記事の信頼性アップにもつながります。

これで、記事監修の流れは完了となります。早ければ1~2営業日以内に監修が完了するので、非常にスピーディーに監修ができます。

>目次に戻る

記事監修が求められる理由

記事監修が求められるようになったのは2016年のWELQ事件やSNSの影響があげられます。

WELQ事件

その当時、医療・健康系キュレーションサイトのWELQ(ウェルク)が、他のサイトの記事を転用したり、医学的根拠のないコンテンツを大量に作り、Google検索で上位を独占していました。

WELQ事件の問題点
  • 他のサイトからの転用(パクリ記事)が横行した
  • 医学的根拠のない記事も多かった

このようにパクリ記事が横行したのも問題で、ドメインが強ければ、元々記事を書いていた人が負けてしまい、パクった方が上位表示する事態になりました。著作権の問題も当時話題になりました。

また、医学的根拠のない記事も多く、無理矢理、商品を購入させるように仕向けた記事など、記事内容としては正しくないコンテンツが上位を独占してしまいました。

2017年に日本だけの単独アップデート

その後WELQは社会問題となり閉鎖されましたが、これをきっかけにGoogleで2017年に日本だけの単独アップデートが行われました。

そこからのYMYL(Your Money or Your Life)という、お金や健康や命に関わるジャンルを指すGoogle独自の言葉が生まれ、検索エンジンでの上位表示は難しくなりました。

YMYLの領域ではE-A-Tと呼ばれる「専門性・権威性・信頼性」が必要となり、専門分野の上位表示には専門家の監修が求めらえるようになっています。

専門家の監修を入れることで記事の信頼性が生まれ、検索エンジンで上位を取る手助けになり、ユーザーからも信頼して読んでもらえます。

SNSの炎上

今は依然と比べてSNSを使っている人が多く、何かあればすぐに炎上することが増えました。何か間違った情報を流してしまったり、医学的や法律的な根拠がないまま情報を発信し、誰かに迷惑が掛かった場合、SNSで拡散することが増えています。

SNSで拡散して悪い評判が広がると、最悪、サービスの終了などに追い込まれるリスクもあります。

そこで、正しい情報発信をして炎上リスクを避けるために、多くのWEBサイトが専門家の監修を付けることが増えてきました。

記事監修を依頼する人はどんな人?

  • 記事の内容を専門家に確認して欲しい
  • 間違った情報を掲載して炎上するリスクを抑えたい
  • 専門家の情報を入れることで、ユーザーに信頼される記事にしたい
  • 検索エンジンで上位表示させたい

記事監修を依頼する人は、公式サイトや大手メディアなど、記事内容をしっかり確認して保証を得たいといった人(企業)は監修した記事を公開しています。

万が一、間違った情報を記事に掲載しSNSなどで拡散されることによって、炎上してしまうリスクもあります。このようなリスクを避けたり、ユーザーから記事内容を信頼してもらいたい人や企業は記事監修を依頼しています。

また、Googleなどの検索エンジンからのアクセスを期待している人も、Google評価を高めるために記事監修をすることもあります。

>目次に戻る

まとめ

記事監修の特徴やサービス内容について紹介して来ました。今はYMYLジャンルでWEBサイト運営をしている人は、ただ記事を書くだけでは非常に難しい時代です。

記事監修を入れることで「権威性・信頼性」評価を上げることができるので、ぜひ専門記事には監修を入れることをおすすめします。

みんなの記事監修では様々な専門家に記事監修を依頼することができます。記事内容の保証や信頼性を持たせたいとお考えの場合はご利用ください。

\専門家への監修依頼なら/

コメント

タイトルとURLをコピーしました