税理士の記事監修 サービス内容と費用

税理士

ここでは税理士の記事監修について、サービス内容や費用、依頼方法を紹介して行きます。

税金や相続など、税理士に監修をしたいと思っている人は参考にしてください。

みんなの記事監修では税理士の監修を行っていますので、コチラから税理士監修の依頼が可能となっています。

記事監修できる税理士一覧を見る

税理士の記事監修とは?特徴と内容

税理士の記事監修とは

税理士の記事監修とは、記事の内容を税理士に監修してもらい、記事内容の確認やアドバイスをもらうことを言います。

WEBサイト運営で記事を執筆する際、法律や税金など、専門家の方に記事の執筆をすることは稀で、サイト運者の方が自分で記事を書くことが多いと思います。

ただ、ネット情報を調べながら記事を執筆しても、情報が間違っていることや古い情報を掲載することもあり、信頼性の低い記事ができてしまいます。

そこで、記事監修という「専門家に記事の内容を確認してもらう」サービスが誕生しました。

記事監修をすることで、ユーザーの信頼性向上や記事への信頼性アップにつながります。

記事の執筆やコンサルティングも依頼できる監修もある

記事監修は記事の執筆も依頼できる記事監修サービスもあります。

記事の執筆やコンサルティングを依頼することで法律や税金など詳しい情報を調べることなくお任せできるのがメリットです。

しかし、専門家に記事の執筆も依頼すると、通常よりも費用がかかり、記事が完成するまで時間がかかることもあります。

当サイト「みんなの記事監修」ではご自身で書いた記事に対して専門家が「記事内容を確認する」監修サービスとなり、短時間で低い料金で監修することが可能になっています。

税理士への記事監修が求められる理由

記事に専門家の監修が求められるようになったのは2016年にWELQというキュレーションメディアによる他サイトのパクリや医学的根拠のない情報を大量に書いていたことがきっかけとなります。

その時のGoogleアルゴリズムでは記事を書く人の権威性や信頼性は考慮されておらず、大きな力をもったウェブサイトが記事を書くことで上位表示できる仕組みになっていました。

WELQはそれを利用して他サイトからのパクリ記事や素人のライターが適当に書いた医療情報などを書いて問題が起き、ウェブ業界では社会問題にまで発展しました。

その後、2017年12月に日本独自のアップデート「健康アップデート」が行われます。

2017年12月 健康アップデート
この変更は、医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので、例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。
Google 医療や健康に関連する検索結果の改善について

そこからGoogleでは「専門性」「権威性」「信頼性」というE-A-Tと呼ばれるアルゴリズムが誕生し、記事の専門性や権威性、信頼性が重要視されるようになっています。

記事監修で専門家の監修を入れることで、権威性や信頼性を付けることができると言われています。

税理士に記事監修を依頼するメリット

記事監修をする4つのメリット

①記事内容の保証
>税金や相続などの専門的な情報が正しいものだと保証されます

②記事の信頼性向上
>記事を読むユーザーから信頼されます。完読率の向上や離脱率低下が望めます

③SEO効果
>専門家サイトからリンクがもらえます

④E-A-Tの効果
>権威性や信頼性の向上になります

税理士に記事監修を依頼することで、4つのメリットがあります。

記事内容の保証

税理士に記事内容を確認してもらうことで、記事内容の保証を得ることができます。

税金に関わる法律も年々変わることがあり、ネットだと古い情報が掲載されていることがあります。

税理士に監修をしてもらうことで、どの情報が正しいか判断してもらうことができるので、難しい税金関係の内容を自信を持って公開することができます。

記事の信頼性の向上

税理士に記事を監修してもらい、税理士監修の情報を掲載することで、読者から信頼性のある記事だと認識してもらうことができます。

誰が書いたか分からない記事よりも、税理士に内容を確認してもらった記事の方が読者も安心して読むことができると思います。

信頼性が向上することで、記事の完読率が上がり、直帰率も減ることで、間接的なSEO効果も期待できます。

SEO効果

当サービス「みんなの記事監修」では、記事監修を受けると専門家サイトからリンクを受けることができます。

税理士サイトから税金に関わる記事にリンクを受けることで、関連性も高いのでSEO効果も期待できます。

特に知名度の高い税理士や、法人化している税理士からのリンク効果は高いと思われます。

E-A-Tの効果

Googleの新しいアルゴリズムE-A-T(専門性、権威性、信頼性)は今のSEOで非常に重要だと言われています。

  • 専門性:コンテンツやサイト全体が何かの専門性に特化しているか
  • 権威性:著者のその業界への権威性があるかどうか
  • 信頼性:記事内容のは信頼できるものかどうか

特に記事監修では権威性や信頼性に関わってきます。

専門性

専門性は運営しているサイトが「何の専門サイト」なのかを示すことが大切で、複数のジャンルを展開するよりも何か1つのジャンルに特化した方が評価が高くなります。

あれもこれもやっているサイトでは「専門性が欠けている」ということで評価が下がり、逆に何か1つに特化したサイトの方が専門性としては評価されます。

これはサイト全体だけでなくコンテンツ自体も他のサイトにはない独自情報や深掘りコンテンツを書くことによって専門性として認められることになります。

記事監修とは関係ないことが多いですが、もし税理士からオリジナル情報のアドバイスがもらえれば、専門性としての評価は上がるかもしれません。

権威性

権威性は「誰が言っているか?」を判断される指標で、素人が言っているのか専門家が言っているのかで評価が大きく違います。

著者のその業界での権威性を高めるためにプロフィールに実績や業歴を書くことが大事だと言われています。

また、すでに権威性のあるサイトからの被リンクでも権威性を高めることができると言われています。

記事監修では監修者情報を掲載し、専門家サイトからリンクを受けることで権威性を高めることが期待されています。

信頼性

信頼性は情報元を明らかにすることで評価される指標になります。

空想で口コミを書いたり、嘘の情報を書いても評価されないように、情報を引用する場合は引用元情報を掲載したり、詳しい情報を載せることが大事です。

記事監修の場合は監修者情報を掲載したり、専門家サイトと相互リンクをすることで効果を高めることができます。

もし記事監修を依頼する内容が、税理士サイトのどこかに記載されていれば、そのページに発リンクすることで評価が高くなる可能性もあります。

税理士監修の相場やかかる費用

専門家の種類 1記事
税理士 27,500円(税込)

税理士の記事監修は、2万円~5万円くらいが相場と言われています。

監修する内容(記事をチェックするだけなのか、執筆やコンサルも入るのか?)で随分変わってきます。

みんなの記事監修では1記事あたり27,500円で税理士監修を受けることができます。

監修だけですとこのくらいの金額ですが、執筆となると税理士の単価は通常のライターよりも高くなることが多いです。

税理士への記事監修 依頼方法

税理士への記事監修の依頼方法は大きく分けて2種類あります。

自分で探す方法もありますが、記事監修サービスに任せる方が簡単で便利です。

直接税理士事務所に依頼する

自分で直接税理士を探して税理士事務所に連絡を取りながら、記事監修を依頼している人もいます。

コチラだと直接取引できるので、低価格で依頼することができますが、手間がかなりかかります。

税理士の方はネットに疎い方も多く、ネット集客に対してあまり理解のない方もいるので、監修を断られるケースも多いです。

記事監修専門サービスに依頼する

当サービスのような記事監修専門サービスの場合は、手数料はかかりますが、すでに税理士が登録しているので、手間なくサービスを受けることができます。

複数の税理士が在籍しているため、自分に合った税理士を選ぶこともできます。

特に当サービスは記事監修専門なので、スピーディーにサービスを受けることができ、とても簡単に監修を受けられるのがメリットです。

記事監修の流れ

記事監修を依頼する時の流れです。監修を依頼する前に、全体的な流れを把握しておきましょう。

依頼する記事内容によって専門家の職種を選ぶ

まずは依頼する記事内容によって、専門家の職種を選びましょう。

税理士に依頼できる記事内容

  • 税金の種類
  • 税率や税金計算
  • 節税・経費
  • 年末調整・確定申告
  • 税務調査
  • 相続
  • 事業継承
  • 法人設立

税理士に監修を依頼する場合は、税金や節税、や相続などの税務関係での依頼が多いです。

記事監修を依頼する登録税理士を選んで依頼する

次に記事監修を依頼する税理士を選んで依頼しましょう。

当サイトでは税理士一覧ページ下の方にあるフォームに入力して、記事監修を依頼することができます。

料金の支払い

コチラで記事監修の内容を確認し、問題なければ料金をお支払い頂きます。

今のところ振込みとなりますが、クレジットカード決済などの準備も進めています。

税理士に記事の監修をしてもらう

お支払い頂いたら依頼ページを税理士が確認し、記事内容に間違えがないか、情報が古くないかなど確認させて頂きます。

もし記事内容が少し間違えていたり、追記した方が良い内容などがあれば、アドバイスさせて頂きます。

専門家情報を依頼ページに貼る

監修が終わりましたら、当サービスから監修者の情報を送らせて頂きます。

監修者情報はテキストリンクで貼っても良いですし、当サイトで用意している画像付きの表で掲載頂いても構いません。

監修者情報を依頼ページに設置頂き、ご連絡ください。

税理士ページからリンクをもらう

最後に税理士から依頼ページにリンクをお送り致します。

税理士からリンクを貼ったら記事監修の完了となります。

税理士への記事監修まとめ

税理士の記事監修の特徴や効果、費用や流れについて紹介して来ました。

今は専門家による記事監修が必要になってきていて、監修を入れるか入れないかで記事の評価が変わってきます。

ぜひ税金関係の記事には税理士監修を入れるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました