宅地建物取引士の記事監修 サービス内容と費用

宅地建物取引士

宅地建物取引士の記事監修について解説して行きます。

宅建士による記事監修は土地や建物の契約や法律・トラブルに関する監修が可能となっています。

不動産の売買や賃貸に関わるWEBサイトを運営している方は、ぜひ宅建士の記事監修サービスを利用して行きましょう。

記事監修できる宅地建物取引士一覧を見る

宅地建物取引士の記事監修とは?特徴と内容

宅地建物取引士の記事監修は土地や建物の売買や賃貸に関わる記事の監修が可能となっています。

特に法律やトラブルなど、不動産に関わる契約上のプロフェッショナルとなるので、不動産売買やトラブルなどのWEBサイトを運営している方におすすめです。

宅建士は買主・借主の保護を目的とした宅建業法を学んでいるので、不動産関係のトラブルに対してアドバイスが可能となっています。

建物に関する技術的なことは建築士の範囲となりますが、契約関係は宅建士となるので、宅建士に記事監修することは多いと思います。

宅建士監修の依頼は不動産売買・賃貸契約に関すること

宅建士が監修する範囲は、不動産売買・賃貸契約だけでなく、土地や建物に関する幅広い記事の監修が可能です。

  • 不動産の売買・賃貸の契約について
  • 不動産登記、国土利用計画、都市計画、農地法などの法令
  • 不動産に関わる税金
  • 契約の解除に関する事項や、違約金、物件に隠れた欠陥があった場合の措置
  • クーリングオフ

宅建士は民法なども学び、特に買主・借主を保護するアドバイスなどもできます。

土地や建物、契約に関わる様々なトラブルに対しても的確な監修が可能となっています。

宅建士の中には海外について詳しい人もいるので、海外の不動産についても監修ができます。

記事監修の執筆サービスについて

当サービス「みんなの記事監修」では宅建士による記事の執筆は行っていませんが、執筆を代行できるサービスもあります。

宅建士に記事に執筆を依頼することで、法律上のことや、トラブルに関して調べたり学ぶ必要がないのでとても便利です。

ただ、宅建士の監修者も本業の傍らで執筆作業をするため、納期がかかったり、費用が通常よりも高くなるケースがあります。

当サービスでは執筆はWEBサイト運営者様で行って頂き、その内容の確認、アドバイス等をさせて頂いております。

宅地建物取引士への記事監修が求められる理由

宅建士への記事監修が求められている理由は、ネットでの情報のいい加減さや、根拠のない記事、パクリ記事など悪質なWEBサイトを運営する人が一定数いることが背景にあります。

また、専門家でないにもかかわらず情報発信することで、意図せずに間違えた情報を発信する可能性もあり、検索エンジンでも信頼性は重きを置かれています。

今は大手メディアや大手企業のサイトは専門家の監修が入っていることが多くなってきました。

SNSでの炎上や批判コメント、問い合わせ対策

昔と比べて、何か間違った情報を発信したり、クレームになるような事態が起こるとSNSで炎上したり、苦情の電話やメールが来ることが増えてきました。

悪意がなく間違えて情報発信をした場合でも、誰かの迷惑になったり不快な気持ちにさせることでもクレームや批判を受けることがあります。

特に大手企業や大手メディアでは、そのようなトラブルがないように、専門家を入れて記事を監修することが増えています。

場合によっては1記事で2業種以上の専門家を入れて、税務は「税理士」、労務は「宅建士」という形で1記事の中でパートを分けて監修するケースもあります。

宅地建物取引士に記事監修を依頼するメリットと効果

宅地建物取引士に記事監修を依頼することで、以下の4つのメリットがあります。

記事監修をする4つのメリット

①記事内容の保証
不動産売買・賃貸契約や、土地に関する専門的な情報が正しいものだと保証されます

②記事の信頼性向上
>記事を読むユーザーから信頼されます。完読率の向上や離脱率低下が望めます

③SEO対策
>専門家サイトからリンクがもらえます

④E-A-Tの効果
>権威性や信頼性の向上になります

専門家として記事内容が法律的に合っている保証される

宅地建物取引士の記事監修を受けることで法律的に問題のない記事か確認してもらうことができ、間違っている内容があればアドバイスがもらえます。

監修を受けることで記事内容が保証されるため、自信を持って公開ができ、監修者情報を掲載することで読者に安心感を与えることができます。

不動産は建物や土地など様々な法律が複雑に関係してくるので、宅建士に監修を依頼することで、的確なアドバイスがもらえます。

ユーザーに信頼されるようになる

ユーザーが記事を読む時に、誰が書いたか分からない記事よりも、宅地建物取引士によって監修されている記事を読む方が安心感があると思います。

安心して読めば、その記事のを最後まで読んでもらえる可能性も上がり、他の記事も読んでもらえるかもしれません。

完読率アップや直帰率の低下は、GoogleSEOでも評価が上がり、検索エンジンで上位表示する可能性も出てきます。

ユーザーに信頼してもらえる記事を作ることで、間接的なSEO効果も出てきます。

SEO対策としての効果がある

当サービス「みんなの記事監修」では監修した記事に専門家からのリンクをもらうことができます。

宅地建物取引士サイトから、依頼したページにリンクがあることでSEO効果が期待できます。

リンクは昔からSEOで効果的と言われ、今でも関連性の高いサイトからのリンクは効果的だと言われてます。

宅地建物取引士は不動産の契約に関する専門家なので、不動産売買、賃貸、法律関係への記事にリンクが来ることで、SEOとして有利に働くことになります。

E-A-T対策になる

今Googleでもっとも重要な指標と言われているE-A-T(専門性、権威性、信頼性)の効果も、記事監修をすることによって期待されています。

誰が書いたか分からない記事よりも、専門家の監修が入った方がユーザーから信頼を得られるのと同じように、Googleからも信頼を得ることができます。

特に権威性は「著者がどれくらいその業界で権威があるか?」を評価される指標で最も難しいです。

ただ、監修を入れることで、権威性についても効果があると言われていて、監修は最も手軽にE-A-Tの効果を上げる方法の1つになります。

専門性:サイト全体・記事に専門性(深掘り・独自性・一次情報)があるか

専門性(Expertise)とは、そのサイトやそのページがどれだけ1つのことに特化したものを評価する指標です。

いろんなジャンルの話題を幅広く解説するサイトよりも、1つのジャンルを詳しく解説して行くサイトの方がGoogleの評価が高くなります。

特に、他のサイトには載っていない独自情報や独自調査などは専門性が高いと言われ、内容の深掘りやオリジナルコンテンツを書くことで他サイトよりも専門性が高いと認められます。

権威性:執筆者の実績や経験、所属など業界に権威があるか

権威性(Authoritativeness)は「誰が言っているか?」を判断される指標で、実際の世の中で「その道の権威」のある人かどうかで評価されます。

その人が属している会社や団体、実績や受賞歴、経験年数など、その道の専門性が問われます。

ただ、ほとんどの人が「その道の権威のある人」ではないと思うので、経験年数や資格の取得歴、やってきた内容など、できる範囲で権威性を示すことが評価になります。

この権威性を示すのは非常に難しいので、給料や就業など労務関係の専門記事は、記事監修で宅地建物取引士に依頼することによって、一定の権威性が入ることが期待されています。

一部の情報では専門家の名前でGoogle検索した時に、「ナレッジパネルが表示されると権威性が一定数ある」とも言われています。

信頼性:情報やサイトの信頼性、情報の出展元など

信頼性(Trustworthiness)は、そのサイトや記事、情報がどれだけ信頼できるものかを表す指標です。

「本当に信頼できる情報かどうか」を示すために、「情報の出どころはどこか?」や「どこで発言されているか?」など、情報1つ1つを紐づけすることが信頼性の獲得となります。

口コミのページを作る時に、「どこから口コミを募集したか?」など、情報を結ぶことで正しい情報かどうかGoogleが判断します。

不動産の記事についても、宅地建物取引士に監修してもらいリンクをもらうことで、信頼性の獲得にも貢献すると言われています。

宅地建物取引士監修の相場やかかる費用

専門家の種類 1記事
宅地建物取引士 27,500円(税込)

通常、記事監修の相場は2万円~5万円ほどと言われています。

監修サービスによって内容は違ってきますが、記事の執筆はコンサルなども含まれると金額は高くなってきます。

当サービス「みんなの記事監修」では1記事あたり27,500円で承っています。

記事監修の専門サービスになるので、スピーディーに監修が完了するのもメリットです。

宅地建物取引士への記事監修 依頼方法

宅地建物取引士への記事監修の依頼方法は大きく分けて2種類あります。

自分で探す方法もありますが、記事監修サービスに任せる方が簡単で便利です。

不動産事務所に直接依頼する

自分で直接宅建士を探して不動産事務所に連絡を取りながら、記事監修を依頼している人もいます。

コチラだと直接取引できるので、低価格で依頼することができますが、手間がかなりかかります。

宅建士の方はネットに疎い方も多く、ネット集客に対してあまり理解のない方もいるので、監修を断られるケースもあります。

記事監修専門サービスに依頼する

当サービスのような記事監修専門サービスの場合は、手数料はかかりますが、すでに宅地建物取引士が登録しているので、手間なくサービスを受けることができます。

複数の宅建士が在籍しているため、自分に合った宅建士を選ぶこともできます。

宅建士は業務内容が他の士業よりも広く、専門や苦手分野もあります。

当サービスでは専門分野をプロフィールに記載しているので、お願いしたい分野に合った人に依頼することができます。

記事監修の流れ

記事監修を依頼する時の流れです。監修を依頼する前に、全体的な流れを把握しておきましょう。

依頼する記事内容によって有資格者の職種を選ぶ

まずは依頼する記事内容によって、専門家の職種を選びましょう。

宅地建物取引士に依頼できる記事内容

  • 不動産の売買・賃貸の契約について
  • 不動産登記、国土利用計画、都市計画、農地法などの法令
  • 不動産に関わる税金
  • 契約の解除に関する事項や、違約金、物件に隠れた欠陥があった場合の措置
  • クーリングオフ

宅地建物取引士に監修を依頼する場合は、不動産の契約やトラブルへの依頼が多いです。

不動産は関係してくる法律の種類が多いので、ぜひ不動産に関わる記事は宅建士に依頼するようにしましょう。

記事監修を依頼する登録宅地建物取引士を選んで依頼する

次に記事監修を依頼する宅地建物取引士を選んで依頼しましょう。

当サイトでは宅地建物取引士一覧ページ下の方にあるフォームに入力して、記事監修を依頼することができます。

▸記事監修できる宅地建物取引士一覧

料金の支払い

コチラで記事監修の内容を確認し、問題なければ料金をお支払い頂きます。

当サイトでは今のところ振込みとなりますが、クレジットカード決済などの準備も進めています。

宅地建物取引士に記事の監修をしてもらう

お支払い頂いたら依頼ページを宅地建物取引士が確認し、記事内容に間違えがないか、情報が古くないかなど確認させて頂きます。

もし記事内容が少し間違えていたり、追記した方が良い内容などがあれば、アドバイスさせて頂きます。

ボリュームの多い記事や、複雑な内容の記事、計算などが伴うツール記事などは別途お見積りとなります。

専門家情報を依頼ページに貼る

監修が終わりましたら、当サービスから監修者の情報を送らせて頂きます。

監修者情報はテキストリンクで貼っても良いですし、当サイトで用意している画像付きの表で掲載頂いても構いません。

監修者情報を依頼ページに設置頂き、ご連絡ください。

宅地建物取引士ページからリンクをもらう

最後に宅地建物取引士から依頼ページにリンクをお送り致します。

基本的には専門家の監修依頼先一覧のページからのリンクとなります。

宅地建物取引士からリンクを貼ったら記事監修の完了となります。

宅地建物取引士への記事監修まとめ

宅地建物取引士の記事監修について、特徴やサービス内容、仕事の流れなどを紹介して来ました。

宅建士は不動産の契約・法律に関する依頼をすることができます。

ぜひ依頼できる記事は宅建士監修を入れるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました